【徳山ボート・GⅢオールレディース】初Vホヤホヤの中川りな「落ち着いたら盛大にお祝いしたい」

2021年05月17日 19時04分

一気に2節連続Vを狙う中川りな

 ボートレース徳山のGⅢ「西部記者クラブ杯争奪 徳山オールレディース」が18日、開幕する。

 今節の注目レーサーは前節の江戸川で悲願の初優勝を飾ったばかりの中川りな(27=福岡)だ。

 2013年5月のデビュー(芦屋)から8年以上。何度も何度も優出はしたが、あと一歩届かなかった優勝をやっとつかみ取ることができた(通算12度目の優出で初V)。「本当にうれしかったし、ホッとしました」と、実感のこもった喜びを口にした。

 レースをリアルタイムで見ていたという師匠の中辻崇人(44=福岡)をはじめ友人、知人から山のような祝福のメッセージが、愛用のスマホの画面を埋め尽くすほど届いた。そのすべてに、長い時間をかけて、お礼の返信をしたという。

 応援してくれた家族とも、すぐに喜びを分かちあいたい。だが、コロナ禍である現在の状況を考慮し「(コロナが)落ち着いたら、お家で盛大にお祝いをしたい」と今は我慢している。

 手にしたエンジンは28号機。前検日の特訓では「スタートが届かなかった。まだ調整の途中」と、表情を引き締めていたが、初Vの勢いと、そこで得た自信と経験を生かし、キャリア2つめのトロフィーも家族の元へ持ち帰るつもりだ。

関連タグ: