【住之江ボート】“最強戦士”峰竜太はワースト級12号機「パワーがない」

2021年05月16日 21時00分

ワースト級のエンジンとなった峰竜太

 ボートレース住之江の「日本財団会長旗争奪第35回住之江王冠競走」が17日、熱戦の火ぶたを切る。

 今節の主役は何と言ってもボート界の最強戦士・峰竜太(36=佐賀)だ。

 ただ、手にしたエンジンは前節の石田政吾が気配サッパリだったワースト級の12号機。この日の前検の動きも芳しくなく、「バルブとプロペラの調整を少しして、良くはなったけど、エンジンにパワーがない。今のままでは出足がない」と神妙な面持ちだった。

 それでも、当地では2月に一般戦V→4月のGⅠ「太閤賞 開設65周年記念」で優出5着と存在感を示しているように、苦手意識は皆無。むしろ得意にしている水面だ。持ち前の卓越した整備&調整力を駆使して、きっちりとエンジンをパワーアップさせてくるに違いない。

関連タグ: