【丸亀ボート・ヴィーナスS】優勝戦大本命・平山智加の相手には小野生奈が妙味!

2021年05月15日 22時14分

優勝戦1号艇の平山智加(左)と5号艇の小野生奈

 ボートレースまるがめの「ヴィーナスシリーズ ブルーナイターエンジェルCUP」は15日の9~11Rで準優勝戦が行われ、16日最終日の12Rで争われる優勝戦へ進出する6人が次の通り決まった。

 1号艇・平山智加(35=香川)

 2号艇・平高奈菜(33=香川)

 3号艇・川野芽唯(35=福岡)

 4号艇・中村桃佳(28=香川)

 5号艇・小野生奈(32=福岡)

 6号艇・鎌倉 涼(32=大阪)

 準優9Rの中村こそ2着での優出となったが、10Rの平高と、11Rの平山はしっかり逃げ切り地元の準優1号艇トリオは全員が優出に成功。中でも優勝戦1号艇に座る平山は仕上がりに不安がないだけに、大本命といっていいだろう。

 他の5人も準優戦では調整を合わせてきたが、平高、川野、鎌倉は予選道中で気配落ちもあり、優勝戦でバチッと合う保証はない。となると、舟券的に平山の相手として妙味があるのは5号艇の小野だ。

「準優戦もいい調整ができた。回り足は威張れないけど、合えば伸び型でスタートも大丈夫」――ダッシュ枠に持ってこいの伸び型でスタートもいけるとくれば、スリットで内4艇に強烈なプレッシャーをかけられる。センター両者(川野、中村)が慌てて握ったところに全速まくり差しで飛び込むのが激走への青写真だ。

 最後は大舞台で戦ってきた経験が生きる!

関連タグ: