【若松ボート】近況絶好調の山一鉄也 打倒・篠崎元志に名乗り!「チャンスはあると思います」

2021年05月03日 22時30分

準優を終え、西山貴浩(左)と引き揚げる山一鉄也

 ボートレース若松の「GW特選競走」は3日、準優3番勝負を行い、全て「1―2」決着となり。予選上位6人がそのままベスト6へ勝ち上がりった。優勝戦メンバーは以下の通り。


1号艇・篠崎元志(35=福岡)

2号艇・山一鉄也(54=福岡)

3号艇・高倉和士(29=福岡)

4号艇・塩田北斗(33=福岡)

5号艇・西山貴浩(33=福岡)

6号艇・渡辺優美(28=福岡)

 ここまで安定感抜群のレース運びを見せてきた篠崎のイン逃げがV最有力だが、その機力自体は決して万全ではなく不安要素もチラホラ…。そこで逆転候補として狙ってみたいのがベテラン山一だ。

 これで4月以降は4節連続での優出と絶好調! 今節は強力14号機を駆り、V戦メンバーでも舟足は渡辺とともに最上位級だ。

「準優は伸びを意識して調整したらムチャクチャ乗りづらかった。でも、調整をやり直せば大丈夫と思う。行き足がいいし、スタートして伸びるので、まくりも考えて自在に行きたい。チャンスはあると思いますよ」と、昨年1月のびわこ「マスターズリーグ」以来となる、今年初、通算53回目のV奪取へ腕をぶしている。

【関連記事】

関連タグ: