【福岡ボート】柴田朋哉2着3本の好走 納得の舟足は「あえて言うなら伸び寄り」

2021年05月03日 19時30分

地元で快走を続ける柴田朋哉

 ボートレース福岡の「オール福岡! GW特選レース」は4日、予選3日目に突入する。3日の2日目注目カード、12R「ドリーム」第2弾は池永太(36=福岡)がインコースから無難に押し切った。

 一方でこの日、目を引いたのが、2走2着2回とまとめた柴田朋哉(30=福岡)のレース足だ。前半3Rはバックストレッチでの4番手争いから2Mをさばいて2番手に浮上。後半7Rでも植田太一との2番手争いを制して、トータル4戦2着3本とした。

 レース後は「起こしてからの行き足が良くなりました。今節は(舟足の)いい人が多いので、抜けてはいないけど、バランスが取れてどの足もいいと思う。あえて言うなら伸び寄りです」と納得の表情で振り返った。

 コンビを組む当地ダブルエースの一角・65号機は、3月のSG「クラシック」以降、やや気配が落ちていたが、今シリーズは以前の迫力を取り戻してきた様子。こうなれば3日目以降も目が離せなくなった!

関連タグ: