【琵琶湖ボート・ヴィーナスS】大本命・遠藤エミの相手は「足は全体にいいレベル」の山下友貴が妙味

2021年05月03日 17時46分

山下友貴

 ボートレースびわこの「びわこヴィーナス! 第2回酒処京都新京極スタンド杯」は最終日の4日、12Rで優勝戦が行われる。勝ち上がった6人は以下の通り。

 1号艇・遠藤 エミ(33=滋賀)
 2号艇・山川美由紀(54=香川)
 3号艇・松本 晶恵(33=群馬)
 4号艇・山下 友貴(34=静岡)
 5号艇・竹井 奈美(31=福岡)
 6号機・広中智紗衣(40=東京)

 準優勝戦の1号艇トリオは揃って逃げ切り、優勝戦1~3号艇を占拠。3人ともバックストレッチで後続を引き離したように、優勝者もこの3人から出そうな雲行きだ。中でも1号艇の遠藤は地元でもあり、仕上げも万全。テクとスピードも上位とくれば負ける要素を探すのが難しいほど。

 しかし、2着に人気薄が飛び込むケースは十分に考えられる。山川や松本の2着では配当が激安になるのもやむなし。ただ、4号艇の山下なら妙味もある。

 序盤~中盤戦は中堅程度の足色だったが、4日目あたりからエンジンパワーを引き出せたようで、準優後には「足は全体にいいレベルでした。行き足もいいからスタートも決めやすい。ダッシュからいいスタートをいけるよう頑張ります!」と、快速47号機が勢いづいた。

 正味の足ならジカ内の松本を問題にしないはずで、カド強襲から遠藤を脅かすシーンに期待だ。

関連タグ: