【丸亀ボート】優勝戦4号艇の赤坂俊輔が不気味な存在「伸びはトップ級」

2021年04月26日 23時09分

赤坂俊輔

 ボートレースまるがめの一般戦は26日、5日目が開催され、9~11Rではベスト18による準優勝戦が行われた。

 9R藤岡俊介、10R須藤博倫、11R平本真之と1号艇3人が揃ってイン逃げ勝利。予選トップ通過の藤岡俊介が優勝戦絶好枠の1号艇を手に入れた。

 藤岡は「バランスが取れてトップ級の次の仕上がり。回り足は◎」と好感触。自慢のスタート力を生かしてイン速攻を狙う。しかし、2号艇の須藤も「全部が良くて節一です」と抜群の仕上がりだ。

 そして、もっとも不気味なのが4号艇の赤坂俊輔だ。「伸びはトップ級。今節の出場選手の中でも一番いい」とパンチ力では抜けた存在。「いつもなら出足も良くなるのに今回は良くならない」と課題もあるものの思い切って攻めることができるカド位置から全速スタートが決まれば一気に内3艇をのみ込んで先頭に立つシーンも十分ありそうだ。

関連タグ: