【福岡ボート】西橋奈未が予選14位浮上 舟足には納得いかず「終わってから整備しました」

2021年04月26日 19時27分

予選突破が見えてきた西橋奈未

 ボートレース福岡の「日本トーター杯」は27日、予選最終日を迎える。

 3日目(26日)を終えての得点率状況はベテランの高橋勲(53=東京)がトップを維持している。一方、6位につける今井美亜(30=福井)とともに、存在感を示しているのが、福井支部の後輩・西橋奈未(24=福井)だ。


 3日目1Rのイン戦ではスリットでコンマ08まで踏み込んで先マイ。1Mは差しが入ったかに見えたが、2Mまでに締め切って勝負を決めた。

「バックで出ていったのは(男子との)体重差の分でしょう。乗れるようにはなったけど、正直、足は全部が普通。終わってから整備しました。これでパンチがつけば」と機力底上げを狙う。

 2日目後半からの連勝で得点率6・80の14位に急浮上。4日目は気合の勝負駆けを見せる。

関連タグ: