【下関ボート・PGIマスターズC】レジェンド・今村豊元選手の「聞くなら〝今やん〟」

2021年04月24日 16時40分

今村豊

 こんにちは。今村豊です。私の地元・下関で開催されている「第22回マスターズチャンピオン」が盛り上がってきました。いよいよ、今日24日・5日目は準優勝戦です。

 その出場メンバーを見ると、やはり〝順当〟というのか45歳になって初出場してきた〝ルーキー〟や、まだGI・SGでバリバリやっている選手たちがしっかりと勝ち上がっています。その名前を見て、ちょっと懐かしい気分になりました。ひと昔前に一緒に戦ってきた選手たちばかりですから…。

 さて、注目の準優3番ですが、やはり進入争いがカギになるでしょう。内寄りが仕事場の個性派が多いですからね。予選段階から進入争いに動きがあると、レースも波乱模様でしたから。

 まず9Rですが、ここはメンバー的に枠なり進入となりそうです。そうなると内枠を占めた〝新人〟の原田、瓜生の両選手が中心でしょう。予選トップ通過とはいかなかったですが、しっかり上位でランクイン。しっかりとスタートも決めてくるはずです。ここに割って入れば松井選手です。やはりここ一番で勝負強い。それにプライドもありますから…。

 次の10Rは私と同じ年の西島選手に、同姓の今村暢選手がいます。2人ともエンジンも良さそうです。ここは今村選手がいつも通り1つでも内へのスタイル。飯島選手はセンターへ…。3カドにはするかな? それでもインの西島選手が優位に思えますけど、最近調子がいい浜野谷選手のカド一撃も面白そうです。

 準優ラストの11Rもコース取りから激戦必至でしょう。江口選手はインまで狙って行きそうですし…。まあそれでも太田もインは死守です。起こし位置が極端に深くならなければ、イン有利に押し切るでしょう。ただ、深くなった時には、守田選手の仕掛け次第で吉川選手の出番も十分にあると思います。

関連タグ: