【下関ボート・PGⅠマスターズC】飯島昌弘1500勝達成「足はバランスが取れていい」準優突破も十分!

2021年04月23日 18時18分

水神祭の祝福をうけ、水面でから手を振る飯島昌弘

 ボートレース下関のプレミアムGⅠ「第22回マスターズチャンピオン」は23日、予選最終日の4日目を開催。

 この日2Rでは今節2日目(21日)に白星を挙げて通算1499勝としていた飯島昌弘(48=埼玉)が、3日目(22日)の立間充宏(46=岡山)に続いて節目の1500勝を達成した。

 レース後には同期の荒井輝年(47=岡山)、同じ関東地区の浜野谷憲吾(47=東京)らによって、水中に投げ込まれる、水神祭の手荒い祝福を受けた。

 飯島は「うれしいけど、ホッとした気持ちの方が大きいかな。結果が出て良かったです。次は2000勝できるように一走一走、積み重ねていきたい」と笑顔を見せる。

 この勝利で今節の得点率7・20とし、予選突破も確定的。「足はバランスが取れていいし、特にいいのは回り足。ここからは微調整で行く」と機力も良好だけに、ここからさらに優勝戦進出、そして自身2度目のGⅠ制覇も視界に入ってきたと言えそうだ

関連タグ: