【宮島ボート】ペラ調整正解の岡谷健吾が好発進「もっといいところを探す」

2021年04月22日 20時00分

岡谷健吾

 ボートレース宮島の一般戦は23日、予選2日目が行われる。初日(22日)注目の12R「若葉ドリーム」は前本泰和(49=広島)が人気に応えイン逃げ快勝。前半8R3号艇では進入で2コースを奪取し、鮮やかな差しを決めて勝利しており、唯一の連勝とした。大上卓人(30=広島)が1、2着。正木聖賢(46=広島)と岡谷健吾(38=広島)が2、1着。伏兵の富永大一(31=福岡)が2、2着と幸先のいい滑り出しを決めている。
 
 好発進組の中でも岡谷に注目する。相棒12号機の2連率は30%と威張れるものではないが「いつもなら回転を上げて失敗していたけど、今回はペラ調整をほんの少しだけやって、それが、見事に正解! 前検時のスカスカする水をつかんでない空回り感が解消されました。まだ重いけどグリップ感が良く、足の雰囲気はいい。久々にいいエンジンの感じがありますよ」と想定以上の手応えにニンマリだ。

「まだ完璧に合ってないので、少しずつペラ調整をしながら、もっといいところを探していきます」とさらに機力上昇を狙い得点率上位を目指す。

関連タグ: