【多摩川ボート・ヴィーナスS】遠藤エミが圧勝V!「大丈夫だなと思っていました」

2021年04月20日 19時32分

多摩川アンバサダーに就任したえなこ(右)に祝福される遠藤エミ

 ボートレース多摩川の「ヴィーナスシリーズ第2戦 是政プリンセスカップ」は最終日の20日、12Rで優勝戦が行われ、1号艇・遠藤エミ(33=滋賀)がイン逃げ快勝! 今年2回目、通算31回目のVを飾った。

 進入は枠なりの3対3スタイル。インからコンマ13の全速スタートを決めた遠藤は、3コースからまくってきた浜田亜理沙(33=埼玉)の攻めをしっかり受け止め、バックですんなり先頭へ。差して追走する川野芽唯(35=福岡)らに影さえ踏ませぬ独走で、そのまま先頭でゴールを走り抜けた。

 今節は2走目の初日12R「ドリーム戦」から6連勝を飾るなど予選道中を圧倒。「2日目から仕上がっていましたし、最終日は久しぶりにゆっくりできました。スタート練習でも強めでしたし、もう大丈夫だなと思っていましたよ」と、余裕を持ってファイナルに臨むと「自分は1マークでターンをミスしているんですけど、逃げ切れて良かったです。エンジンが良かったですね。(優勝戦は)体感も良かったです」と冷静に勝利を収めた。

 今年はこれで6優出2V。2月芦屋のGⅡ「レディースオールスター」の準Vなどもあり、女子賞金ランクは3位の好位置。「今年はいいリズムでここまで来れていると思います。引き続き、頑張りたいです」と、好調を自覚している。

 この先に控える7月の芦屋SG「オーシャンカップ」、8月の浜名湖プレミアムGⅠ「レディースチャンピオン」(ともに未確定も出場が有力)といった夏の大一番で、さらなる活躍も期待できそうだ。

関連タグ: