【下関ボート・PGⅠマスターズC】開幕戦快勝の寺田千恵「有頂天の気分でいます!」

2021年04月20日 18時25分

初日1Rを制し、夫の立間充宏と話す寺田千恵(左)

 ボートレース下関のプレミアムGⅠ「マスターズチャンピオン」が20日、開幕。オープニングカードの1Rは女子レーサーの1号艇・寺田千恵(52=岡山)が快勝した。

 この一戦はインコースからコンマ11のスタートを決めたものの、2コース江本真治(46=山口)、3コース金子良昭(56=静岡)が、その上を行く0台の速攻スタートを踏み込んできて、ピンチに陥った。

 ところが、ここから〝軽量〟の恩恵を存分に発揮した。「起こしがノロくてスタートが後ろからだったので、フルかぶりで伸びましたね。なんか抜かしちゃた」とスタート後に伸び返し、イン先マイを果たして白星をゲットした。

 寺田は「ターンの抜けもとてもいい感じです。やっぱりエンジンは良かった」と64号機のパワーも良好で、笑顔がはじけた。レース後も興奮冷めやらぬ様子で「今日だけ有頂天の気分でいます。下関もナイターも好きですよ!」と、楽しそうに報道陣にアピールした。

関連タグ: