【津ボート・GIツッキー王座決定戦】寺田祥がポールポジション 気迫の速攻で通算8回目のGⅠ制覇だ

2021年04月17日 19時31分

寺田祥

 ボートレース津のGⅠ「開設69周年記念 ツッキー王座決定戦」は17日、準優3番勝負を行い、18日=最終日12Rで争われる優勝戦出場選手が決定した。メンバーは次の通り。

1号艇・寺田  祥(42=山口)

2号艇・長岡 良也(37=兵庫)

3号艇・中野 次郎(39=東京)

4号艇・丸野 一樹(29=滋賀)

5号艇・深谷 知博(33=静岡)

6号艇・豊田健士郎(25=三重)

 V最短といえる優勝戦1号艇を手にした寺田は、直近2場所の福岡SG「クラシック」、宮島GⅠ「ダイヤモンドカップ」と、予選トップ通過、準優1号艇を勝ち取りながらいずれも3着敗退。

 また、この日の準優勝戦も前の10、11Rで1号艇の選手がそろって2着に敗れる〝嫌な流れ〟となり、「もうボクだけの問題ではない…」と悲壮感すら漂わせて臨んだ準優12Rだったが、スリットで立ち遅れながらも何とか逃げ切り、ひとまず〝負の連鎖〟を断ち切った。

 当然ながら「1回くらいでは取り返したとは言えない。何回勝てば取り返せるのかは分からないが…」と、準優を勝っただけで満足する訳にはいかない。

 機力に関しては「準優戦が今節で一番の足だった。少し伸び寄りなので好みではないが、だいぶ直したし、今なら中野選手ともそこまでの差はない」と、機力にも不足はなく、気迫の速攻で通算8度目のGⅠ制覇を狙う。

関連タグ: