【津ボート・GⅠツッキー王座決定戦】新田泰章 今節は手応えアリ「行き足や回った感じがいい」

2021年04月15日 19時39分

準優好枠も見えてきた新田泰章

 ボートレース津のGⅠ「開設69周年記念 ツッキー王座決定戦」は16日、早くも予選最終日の4日目を迎える。

 この日の〝勝負駆け〟選手として、若手の新田泰章(33=広島)をクローズアップしたい。近況はやや不振を囲っていたが、今節はここまで4戦2勝と活躍。得点率6・75の6位と好位置につけている。

 特に2日目5Rは5コースからのまくり差しで1着。同日の11Rで山崎郡(31=大阪)が6コースから勝ったケースもあったが、これは道中での追い上げによるもの。今節は外枠勢の苦戦が目立ち、アウトコースから1周1Mで抜け切ったレースはこの新田泰だけだ。

 レース後は「3日目はチルト0度で行ったが、2日目5Rのプラス05度が合うんでしょうね。伸びが特別いいことはないけど、行き足や回った感じがいい」と気配良好をアピールした。

 一般的にチルトをハネるとピット離れが悪くなる副作用もあるが、当地は競技棟新設工事のため、現在は予備ピットを使用中。事実上、ピット離れによるコース争いがない点をうまく生かしている。

 2走9点条件の勝負駆けとなる4日目は中枠での2回走り。持ち前のキレ味鋭いターンで中央突破を狙う!

【関連記事】

関連タグ: