【津ボート・ルーキーS】イン逃げ圧勝! 豊田健士郎が次節の地元周年に弾みをつけるV!

2021年04月09日 18時09分

豊田健士郎

 ボートレース津の「ルーキーシリーズ第7戦 スカパー!・JLC杯争奪戦」は9日、最終日が開催された。12R優勝戦は1号艇・豊田健士郎(25=三重)がイン逃げ圧勝で制した。通算では8回目、津では3回目のVとなった。

 地元のオーバーエージ枠、そしてドリーム戦1号艇。今節はV絶対使命を胸に刻んで臨んだ。「(三重支部の1期上の先輩である)松尾拓(32=三重)さんならもっと簡単に勝つと思う。でも、ボクも期待してもらっている立場。しっかり仕事ができた」と偉大な先輩との差を感じながらも、重圧から解放されて安堵の表情を浮かべた。

 次節は2回目の地元周年記念参戦となるGⅠ「開設69周年記念 ツッキー王座決定戦(13~18日)」。大本命から一転、今度はチャレンジャーという立場に変わる。「スタートやペラ調整の面でアドバンテージはあると思うが、そんなに簡単じゃない。Vを狙うとか、高望みはしない。今はGⅠでの予選突破回数を増やしていく段階。どんなエンジンでも賞典レースに乗れるように、一歩一歩上がっていきたい」と、大舞台でも地に足をつけて、強敵に挑む。

 

関連タグ: