【宮島ボート・GⅠダイヤモンドC】桐生順平 差しでDR戦快勝「機率24%よりは動いている」

2021年04月06日 20時22分

4コース差しでドリーム戦を制した桐生順平

 ボートレース宮島のGⅠ「ダイヤモンドカップ」の6日の12Rで行われたドリーム戦は、桐生順平(34=埼玉)が4コースから差して制した。

 レース後は「乗りやすくなった。エンジンは(機率)24%よりは動いている。乗れるようになったので、チルト0にしてそのままいきたい」と舟足が上向き、表情が緩む。

 ここまで3走し2、2、1着と唯一オール2連対をマーク。今年は2月のGⅠ「第66回関東地区選手権」など、すでに4Vと好調で4日目の2走も楽しみだ。

 一方、初日12Rのドリーム戦で逃げ快勝した毒島誠(37=群馬)は3日目のこの日、6着2本と失速。「後半はキャリアボデーを替えたけど大失敗。全然、押してなかった。キャリアボデーを戻してペラ調整する」と再整備へ。修正し白星奪取を目指す。

【関連記事】

関連タグ: