【福岡ボート・ヴィーナスS】42号機立て直した寺田千恵「十分に優勝を狙える足」

2021年04月05日 20時08分

一発を狙う寺田千恵

 ボートレース福岡のヴィーナスシリーズ第1戦「マクール杯」は6日、最終日を迎える。5日目(5日)の準優3番勝負を経てファイナルに進んだベスト6は次の通り。

 1号艇・大山千広(25=福岡)
 2号艇・小野生奈(32=福岡)
 3号艇・寺田千恵(51=岡山)
 4号艇・平高奈菜(33=香川)
 5号艇・竹井奈美(31=福岡)
 6号艇・出口舞有子(28=愛知)

 一発を狙うのが〝元地元〟の寺田だ。準優10Rの優出をかけたイン戦はコンマ12の好スタートを決めて1M先マイ、バックは一気に加速して、あっさり勝負を決めた。

「前半が合っていなかったので直前にペラ調整。4日目のいい状態に戻っていましたよ。安定板がついて乗りやすさがあったし、行き足や回り足はいい感じになっている。気になっていたピット離れも冷えてからは問題ない。最終日も微調整だけです。十分に優勝を狙える足」と会心の表情で振り返った。42号機は前節のSGクラシックで峰竜太(36=佐賀)が大苦戦し予選落ちしたエンジン。しかし2日目のキャブレター交換で見事に立て直してみせた。「福岡で久々に優勝したい。年末(クイーンズクライマックス)に、また戻ってこられれば」と気合十分だ。

関連タグ: