【福岡ボート・ヴィーナスS】竹井奈美 3着2本発進も「本体を含めて調整を考えたい」

2021年04月01日 19時48分

2日目はドリーム戦に登場する竹井奈美

 ボートレース福岡の「ヴィーナスシリーズ第1戦・マクール杯」が1日、開幕。初日12Rのドリーム戦は大山千広(25=福岡)が逃げ切り圧勝、好発進を決めた。

 2日目(2日)も12Rで行われるドリーム戦に、地元の竹井奈美(31=福岡)が4号艇で登場する。初日は3着2本と舟券に絡んでいるが、納得いくレースではなかったようだ。

 6号艇の前半2Rは、まくり差して1着争いに加わったが、競り負けた格好。後半8Rも西岡成美(24=徳島)との2着争いに敗れた。

「前半はもらったままの状態。後半はペラを調整して、少し回転を抑えました。2走ともパッとしない。特に西岡選手にはスリットからの伸びも道中も劣勢だった。全体に少しずつ分が悪かった」と表情はさえない。

「ドリームまで時間があるので、ペラだけじゃなく本体を含めて調整を考えたい」と立て直しへ。早めに機力を底上げし白星奪取を目指す。

関連タグ: