【びわこボート】打倒・渡辺和将をもくろむ末永祐輝は魅力満点!「自信を持ってレースに行ける」

2021年03月24日 19時02分

末永祐輝
末永祐輝

 ボートレースびわこの「第43回びわこ王座決定戦」は24日(5日目)、準優3番勝負が行われ、最終日(25日)12Rで争われる優勝戦へ進出するベスト6が決まった。

 優勝戦メンバーは以下の通り

1号艇・渡辺和将(31=岡山)

2号艇・後藤翔之(35=東京)

3号艇・末永祐輝(33=山口)

4号艇・柳沢 一(39=愛知)

5号艇・渡辺浩司(37=福岡)

6号艇・麻生慎介(35=広島)

 予選トップ通過を果たしていた渡辺が優勝戦1号艇を獲得。今年1月のまるがめ一般戦以来となる、通算17回目の優勝に王手をかけた。舟足は「余裕があり過ぎるくらいにいい。行き足や伸び中心に、バランスが取れてトップクラス!」とパワフルな仕上がりだ。

 この牙城を崩すのはかなり厳しそうだが、大勢を覆しそうな“一発”の魅力があるのが末永。なにせ、舟足が抜群だ。

「展示タイムが出ていたし、見ての通り、足はいい! 行き足から伸びが変わらず良くて、課題だったターン回りも良くなっている。他を圧倒する感じの足に仕上がっている。(これなら)自信を持ってレースに行けますよ」と手応えは十分すぎるほどだ。

 優勝戦へ向けては「このままでは(2号艇の後藤)翔之に止められてしまいそうなので、まだ試したいこともあるし、もっと伸びに寄った調整をやって、優勝を狙っていきます」と、あくまでも、Vだけを追い求め、全力勝負に出る。

関連タグ: