【びわこボート】苦戦する主力を尻目に末永祐輝が元気一杯「伸びに特化すれば確実に伸びる」

2021年03月21日 19時46分

末永祐輝
末永祐輝

 ボートレースびわこの「第43回びわこ王座決定戦」は22日、予選の折り返しとなる3日目に突入する。

 柳沢一(39=愛知)、杉山裕也(35=愛知)、後藤翔之(35=東京)といったV候補たちの苦戦を尻目に、伏兵・末永祐輝(33=山口)の奮闘ぶりが光っている。

 2日目前半4Rでは4カドから矢のように伸びて、内枠勢をのみ込み今節初白星。1号艇だった後半8Rは道中で振り込み(ターンミス)3着とミソをつけたが「イン戦仕様で、出足寄りにもっていったのが失敗。1周1Mも大事にいきすぎてしまったので…」なら敗因は明確。むしろ「やってはいけない調整をしたことが分かりました。勝負どころじゃなくてよかった」と〝収穫〟を手にしボルテージは一段と上がっている。

 タッグを組む23号機(2連対率40%)はエンジン勝率上位6基の「ビナちゃんモーター」。素性の良さはもちろんのこと、伸びは前検時から評判を呼んでおり「このエンジンは伸びに特化すれば確実に伸びていく。腹が固まりました」と残り4日間は伸び仕様にシフトして、攻めに徹する構えだ。

 番組編成員の期待の表れか、3日目はメイン12Rに3号艇で登場。自ら仕掛けられる好位置とあれば、胸のすくような豪快まくりでファンに興奮と喜びをもたらせてくれそうだ。

関連タグ: