【三国ボート・GⅠ北陸艇王決戦】田村隆信が1号艇 15回目のGⅠ制覇に王手!「先マイなら大丈夫」

2021年03月15日 19時44分

43歳のバースデーを迎えた田村隆信
43歳のバースデーを迎えた田村隆信

 ボートレース三国のGⅠ「開設67周年記念 北陸艇王決戦」は16日最終日、12Rで優勝戦が行われる。覇権を競うベスト6は次の通り。

1号艇・田村 隆信(43=徳島)

2号艇・今垣光太郎(51=福井)

3号艇・吉田 拡郎(38=岡山)

4号艇・稲田 浩二(36=兵庫)

5号艇・石丸 海渡(27=香川)

6号艇・柳沢  一(39=愛知)


 このうち、V最短といえる1号艇を手にした田村は準優戦日の15日が43歳のバースデー。見事にイン逃げを決め、自らを祝う形となった。昨年は後厄の影響(?)なのか、SG、GⅠに限らず、一般戦を含めて優勝ゼロと不振をかこった。7月の地元・鳴門のSGオーシャンカップでフライングに散るなど、リズムの悪さが目立ったが、厄が明けて今節は流れ一変といえそう。

 舟足も上々で「準優ではターンでロスしている部分もあったが、調整が合えば一番いいのは回り足。行き足もいいし、スタートがしっかり届いている。先マイなら大丈夫」と自信満々だ。

 シリーズ終了後には「帰って家族に祝ってもらう」と誕生日会を行うとのことだが、2019年12月の平和島プレミアムGⅠ「ボートレースバトルチャンピオントーナメント」以来となる15度目のGⅠ優勝で花を添えたいところだ。

関連タグ: