【戸田ボート・ルーキーS】前節GI初優出の中田達也「少し自信もついた」

2021年03月15日 18時57分

中田達也

 ボートレース戸田の「スカパー!・JLC杯戸田ルーキーシリーズ第5戦」が16日、幕を開ける。

 初日メインの12Rドリーム戦には今節の主役候補のA級レーサーがズラリと集結している。その中でも前節の浜名湖開設67周年記念でGⅠ初の予選突破、さらに初優出を果たし、意気上がる中田達也(27=福岡)に注目したい。

 浜名湖の準優勝戦(10R)では4コースのカドからコンマ02の踏み込みから、差しハンドルを繰り出すとイン戦のスピードスター・桐生順平(34=埼玉)の懐を鋭くえぐって快勝、GⅠ初優出を決めた。

 2号艇で臨んだ優勝戦こそ1Mで艇が流れて3着に敗れたが、中田にとってはこれ以上ない貴重な経験となった。「(優勝戦は)めっちゃ楽しかった。1号艇ではなかったし、福岡支部の先輩や、若い選手が多かったので、それほど緊張しませんでした」と笑顔を見せる。

 今節の相棒・49号機は前節のオールレディースで目下、絶好調の鎌倉涼(31=大阪)ですら仕上げに苦戦したシロモノだったが、「重さがあってスタートする足が鈍いけど、下がってはいない。プロペラは思っていた形と同じで調整はしやすそうです」と水準クラスの足色は保持できそうな感触だ。

「今までの流れは悪かったけど、浜名湖でいい結果を残したので、このリズムに乗りたいですね。最近はスタートも行けているし、少し自信もつきました」と自身6度目となるVへ向けて、初日から快走を見せる。

関連タグ: