【芦屋ボート・GⅡレディースAS】優勝戦6号艇の大滝明日香「スタートはダッシュの方が分かる」

2021年02月27日 19時02分

ターン回りの良化で、準優戦を2着クリアとなった大滝明日香

 連日、激闘を展開したボートレース芦屋のGⅡ「第5回レディースオールスター」は28日、最終日を迎え、12Rで〝頂上決戦〟が行われる。

 小野生奈(32=福岡)が逃げ切った準優12Rで2着として、最後の優出切符を勝ち取ったのは人気薄の5号艇・大滝明日香(41=愛知)だった。

 今節は調整が合ったり合わなかったりで、好走と凡走の落差が大きかったが、強敵相手に競り勝った準優後は「思ったより進んでくれました。プロペラを叩き変えて、いい方向にいったと思う。直線はいい人に見劣る感じがするけど、ターン回りは良くなった。優勝戦も特徴(ターン回り)を生かす調整をしたい」と、今シリーズ一番の足色だったと納得の表情を見せた。

 迎える優勝戦は大外6号艇。さすがに不利は否めないが、勝ちにはやる内枠勢が握り合って、もつれる展開は大舞台ではありがち。「スタートはダッシュの方が分かる」と言う大滝が、ブイ際を突いて舟券に絡むシーンも考えておきたい。

関連タグ: