【芦屋ボート・GⅡレディースAS】新進気鋭レディース来田衣織の〝未来予想図〟「いつかSGに出たい!」

2021年02月26日 15時54分

香川素子(右)とポーズをとる来田衣織

 ボートレースの最上級グレード「SGレース」に出場した者だけに与えられる〝憧れのSGカッパ〟を着込んで、楽しそうにカメラに向かってピースサインをだしているのが元気娘・来田衣織(24=兵庫)だ。

 先輩の女子強豪レーサー香川素子(44=滋賀)と仲良く写真に納まっているが、SG出場経験のある香川は当然としても、まだB1級(A級もGI出場も未経験)の来田はいったい、どうやって貴重なウエアを手に入れたのか?

「今朝は薄着でピットに来てしまって、寒さでガクガク震えていたんですよ。そこに遠藤(エミ・33=滋賀)さんが来てくれて、このカッパを貸してくれたんです。コスプレみたいになってしまいましたが、憧れでしたし、めっちゃテンションが上がりました!」とうれしそう。

 来田は初出場となった今大会3日目に見事、GⅡ初勝利を果たすと、4日目8Rでは3着と健闘。惜しくも予選突破はならなかったが、そのアグレッシブなレースぶりと〝元気印〟のキャラクターで、目下人気急上昇中の女子レーサーで、最近は男子トップレーサーの丸野一樹(29=滋賀)らと激しいトレーニングを積み重ねており、将来有望ともくされている注目株だ。

「いつかは自分のSGカッパを着たい!」と、近い将来、SG戦線で活躍することを夢見ている。

※きた・いおり 1996年4月4日生まれの24歳。兵庫支部の121期。2017年11月の尼崎でデビュー。2019年尼崎男女W優勝戦で初1着。優出、優勝はない。通算23勝。25日の今節3日目10Rをまくりで勝利し、特別戦初白星を挙げた。学生時代はソフトボールに没頭していたスポーツウーマン。握って攻めるレースが持ち味で、かわいい笑顔が魅力的な、今後期待の女子レーサーだ。

関連タグ: