【丸亀ボート】荒井輝年が初日から無傷の3連勝!「ギアケースを替えて良くなっている」

2021年02月24日 22時25分

荒井輝年

 ボートレースまるがめの「BTS朝倉開設28周年記念」は24日、予選2日目を終了した。

 2日目は荒井輝年(46=岡山)が唯一の連勝でリズムアップ。初日からの連勝を無傷のまま“3”に伸ばした。松崎祐太郎(33=福岡)がオール2連対、深川和仁(39=香川)、末永由楽(34=岡山)、山口達也(34=岡山)、森定晃史(38=岡山)らもオール3連対キープとそれぞれ好調だ。

 荒井は前半6Rは4コースから好S決めて内3艇を豪快にまくり切ると、後半11Rは1号艇・上平真二(47=広島)の懐を的確に差し抜けて白星奪取。レース後は「ギアケースを替えて良くなっている。どこがと言うより全体に良くなっている」とご満悦だった。

 今年は年初の尼崎一般戦を制すると、2節前の宮島一般戦でも優出(3着)。ベテランらしい巧みなさばきで存在感を発揮している。くしくも今大会最終日の28日には自身47回目のバースデーを迎える。ファイナルまで駒を進め、自ら誕生日を祝うべく全力ターンで突き進む。

関連タグ: