【福岡ボート・福岡県知事杯争奪】1号艇死守の塩田北斗が逃げ切るか 石野のワンチャン一発か

2021年02月24日 18時32分

塩田北斗

 ボートレース福岡の「福岡県知事杯争奪 福岡都市圏開設31周年記念競走」は開催5日目の24日、準優3番勝負が行われ、最終日(25日)のファイナルに進むベスト6が決定した。枠順は以下の通り。

 1号艇・塩田北斗(33=福岡)

 2号艇・枝尾賢(39=福岡)

 3号艇・安河内将(31=佐賀)

 4号艇・三川昂暁(32=福岡)

 5号艇・篠崎仁志(33=福岡)

 6号艇・石野貴之(38=大阪)

 5日目準優12Rの1周1Mでターンマークを外した塩田。万事休すかと思われたが機力差でねじ伏せ、ポールポジションは死守した。調整が合った状態ならすべての部分が高水準。まともなら優勝戦も逃げ切る可能性が高い。

 一方、エンジンの底力を考えれば石野にもワンチャンスはある。「エンジンが反応してくれる。枠と相手を見て調整を考える」と一発を狙っている。

関連タグ: