【蒲郡ボート・GⅢKIRIN CUP】波巧者・湯川浩司が連勝発進「風の加減が大きかった」

2021年02月23日 22時20分

連勝発進の湯川浩司

 蒲郡ボートのGⅢ「KIRIN CUP」が23日に開幕した。V候補が集った初日メインのドリーム戦は昨年4月の当地GⅠ・65周年記念覇者の湯川浩司(41=大阪)が3コースからまくって快勝。初日唯一の連勝ゴールを駆け抜けた。

 初日は終日強風が吹き荒れ、ドリーム戦時の公式発表こそ風速3メートルだったが、実際に走った選手の間では「体感はそれ以上」との声が多かった。

 1周1マークを果敢に握って仕掛けた湯川も「風の加減が大きかったですね。連勝といばれるほど、そこまでの手応えはない」と一番の勝因に風を挙げていた。波巧者の湯川にとっては初日のような水面状況が有利に働いたか。蒲郡巧者が荒れ水面でさらに躍動している。

 勝った湯川が「足は英治さんの方がいい」と語ったようにドリーム戦の6人の中では白井英治(44=山口)の動きが光っていた。白井と湯川の両者は2日目12Rで再戦となる。果たしてどこまで足の差が縮まっているか注目したい。

関連タグ: