【びわこボート】予選3位の小野達哉 超抜47号機に納得「調整を外さないようにするだけ」

2021年02月23日 19時18分

準優好枠も見えてきた小野達哉

 ボートレースびわこの「日本モーターボート選手会会長賞」は24日、予選最終日となる3日目を迎える。得点率争いは徳増秀樹(46=静岡)が無傷の4連勝で首位を快走。2位の桐生順平(34=埼玉)も1、1、1、2着と実力の違いを見せつけている。

 そんなSG覇者たちに〝待った〟をかけるのが節イチパワーで旋風を巻き起こす小野達哉(35=大阪)だ。びわこのエース機47号は噴きに噴きまくり、ここまで4戦3勝で得点率は3位。2日目も豪快なまくり2連発でライバルを沈め、後半10Rではインから迎え撃った北野輝季(31=愛知)を「ベストを尽くしたけど相手が悪かった。一緒に走りたくない」と震え上がらせた。

 本人も「伸びていくしターン回りや出足も悪くないですね。競技委員長からも『ウチのエース機はどうや?』って言われました。ペラの形も自分のイメージから遠くないので、調整を外さないようにするだけです」と超抜パワーにご満悦。あとはレースに集中するのみだ。

 5号艇で登場する3日目メイン12Rは、準優好枠をかけて1号艇・浜野谷憲吾と対戦する必見カード。エース機パワーを存分に生かした全速攻撃でSG4冠の厚い壁を突き破ってみせる。

関連タグ: