【戸田ボート・東京スポーツ杯】磯部誠が苦手水面で連勝 舟足は「普通に毛が生えたくらい」

2021年02月20日 18時20分

2日目までオール3連対と好調の磯部誠

 ボートレース戸田の「WINWINパーク戸田開設4周年・東京スポーツ杯」は20日、2日目を終了した。

 2日目メインの12R「記者選抜戦」は磯部誠(30=愛知)がコンマ06のトップスタートを決めてイン逃げ快勝。前半4Rでは5コースから1M鋭くまくり差すと、2号艇・上田洋平(44=滋賀)、3号艇・山本光雄(49=滋賀)との激しい競り合いを制して勝利。2日目、唯一の連勝とした。前検日には「戸田は苦手。何をしてもいつもダメなんです」と漏らしており、今節はそれが一番の懸念材料であったが「いつもの戸田より乗れている」と苦手水面を克服しつつある様子。

 一方、舟足に関しては「回転が合ってなくて重さがある。初動のかかりの悪さは解消したけど、普通に毛が生えたくらい」と調整の余地を残しているものの、現状でも戦える足は十分ある。

 2日目を終えて4戦3勝、3着1回の好成績で得点率3位。準優好枠を狙える位置につけている。

関連タグ: