【鳴門ボート・ヴィーナスS】実森美祐が悲願の初Vへまい進「エンジンはヤバい!全部いい」

2021年02月19日 17時51分

実森美祐

 ボートレース鳴門の「ヴィーナスシリーズ第22戦」は19日、予選3日目を終了した。

 序盤戦から快進撃が続く実森美祐(24=広島)が予選3日目も連勝! トータル5戦4勝2着1本として得点率トップに立っている。その舟足はまさに“本物”。今シリーズでは際立っており「エンジンはヤバいですね。全部の足がいいです!」と抜群の噴きっぷりで、選手間でも「彼女のエンジンが節一」との声が大多数だ。

 迎える20日=4日目2走は8R6号艇、12R4号艇と厳しい番組が控えているものの、ここをきっちり乗り切るようなら、念願の初優勝へグッと近づくのは間違いない。

 また、得点率2位はエース11号機を操る浅田千亜希(48=徳島)。以下は三浦永理(38=静岡)、千葉真弥(27=静岡)と続いている。一方、主力メンバーでは、21位・中谷朋子(44=兵庫)、25位・谷川里江(53=愛知)、26位・中里優子(48=埼玉)らがボーダー下からの勝負駆けに挑む。

関連タグ: