【多摩川ボートGI関東地区選】桐生順平が3度目の制覇「今年はグランプリを取る!」

2021年02月18日 19時10分

優勝した桐生順平

 ボートレース多摩川のGI「第66回関東地区選手権」は18日最終日、12Rで優勝戦が行われ、1号艇・桐生順平(34=埼玉)がインから逃げ切り快勝。2019年11月の福岡66周年以来となる11度目のGⅠ優勝を達成。3月23日から始まる福岡SG「第56回クラシック」の出場権を獲得した。

「この地区選を取ろうと思って乗り込んできた。結果が出てうれしいです。1年を考えたら(ここが)一番大事な一戦だと思っていて、そこを取れましたから。クラシックや、オーシャンカップの出場権もなかったので、この一戦にすべてを懸ける〝全集中〟で行きました。最高です」と〝有言実行〟のV奪取を喜んだ。

 昨年はわずか3Vに終わりグランプリ出場を逃すという屈辱を味わった。「2020年はプロペラも分からなかったし、結果が出なくて苦しかった。選手だから結果がすべて。頑張っていなかったのと一緒ですから…」と苦しい胸の内を吐露した。

 今年の目標はズバリ「グランプリを取ること。出場じゃないですよ、取ることです」。再び〝黄金のヘルメット〟を戴冠する桐生の雄姿も、想像に難くない。

関連タグ: