【多摩川ボート・GI関東地区選】桐生順平がポールポジション! SG「クラシック」最終切符獲得に王手

2021年02月17日 18時09分

優勝戦1号艇をゲットした桐生順平

 ボートレース多摩川のGⅠ「第66回関東地区選手権」は17日、5日目が終了。注目の準優勝戦3番勝負を終えて、最終日(18日)12Rの優勝戦出場メンバーが次の通りに決定した。

 1号艇・桐生 順平(34=埼玉)
 2号艇・後藤 翔之(34=東京)
 3号艇・飯山  泰(42=東京)
 4号艇・上村 純一(40=群馬)
 5号艇・江口 晃生(56=群馬)
 6号艇・浜野谷憲吾(47=東京)

 桐生が堂々と〝王道〟を外れることなく、順当にポールポジションを勝ち取り、2016年・多摩川、19年・平和島に続く3度目の地区選制覇、並びに3月23~28日に行われる福岡のSG「クラシック」出場権獲得に王手をかけた。

 機力に関しても「エンジンはバランス型。抜けている感じでもないけど、負けるような感じはしない。レース足はいいですね」と上位クラスの仕上がりをアピール。

「クラシックに行ければ、1年の道が変わってくる。(今年は)いいリズムをつくれています」と約1か月後に迫ったクラシックの最終チケット奪取へ気迫の逃げを見せる。

関連タグ: