【からつボート・ヴィーナスS】鎌倉涼が圧勝! 連続Vで早くも今年3V達成

2021年02月16日 16時16分

鎌倉涼

 連日、熱戦を展開したボートレースからつの「ヴィーナスシリーズ第21戦」は16日最終日、12Rで優勝戦が行われ、ポールポジションを手にしていた鎌倉涼(31=大阪)が逃げ切り快勝! 前節の浜名湖「W優勝戦」に続く、連続Vを飾った。

 レースは枠なりの3対3スタイルで始まった。ライバル各艇が早いスタート攻勢を仕掛けて、プレッシャーをかけたが、インコース鎌倉は動じることなく、コンマ06のトップタイミングで先行。最大の強敵ともくされた2号艇・遠藤エミ(32=滋賀)の〝奇襲策〟ツケマイをあっさりとはねのけると、あとは独り旅。完璧なレース運びで、自身イン戦15連勝として、難なく優勝を決めた。

 近況の充実ぶりは本物だ。今期(2020年11月~)に入って、7節走って5優出4Vと怒涛の快進撃の真っただ中。今大会も予選トップ通過を決めると、準優進出戦→準優→優勝戦と逃げ3連発の〝王道V〟。

 しかも、からつでは12年8月オール女子戦、15年6月ヴィーナスシリーズ第3戦に続く、3連覇。長い産休期間もあったため、からつは5年8か月年ぶりの参戦だったが、そんなブランクをみじんも感じさせぬ堂々たる走りだった。

 今年はこれで早くも3度目の優勝となり、来年22年3月に行われる大村SG「クラシック」出場権利獲得も夢ではなくなってきた。が、まずは次節の2月芦屋GⅡ「第5回レディースオールスター」へ、勢いそのままに乗り込むつもりだ。

関連タグ: