【徳山ボート・GI中国地区選】女子レーサー2人が予選突破! 夫婦参戦の寺田千恵は夫の分まで激走

2021年02月15日 20時42分

寺田千恵

 ボートレース徳山のGⅠ「第64回中国地区選手権」は15日、4日間の予選を終了。開催5日目(16日)は10~12Rで準優3番勝負が争われる。

 注目の準優戦各レース1号艇は12R・白井英治(44=山口)、11R・茅原悠紀(33=岡山)、10R・大上卓人(30=広島)に決まり、仲良く3支部が分け合う形となった。

 強豪男子勢がしのぎを削る中で、女子レーサー勢では寺田千恵(51=岡山)と金田幸子(41=岡山)が予選突破を果たした。
 
 中でも寺田から目が離せない。

 彼女が夫・立間充宏(46=岡山)と仲睦まじくプロペラ調整に取り組む姿は例年、この地区選でのおなじみの光景になってきた。立間のアドバイスは効果絶大で、寺田の機力は「行き足~伸びの部分は余裕ありますね。出足も引き波のないところなら出て行く感じがあった」と力強い舟足。まさに〝夫唱婦随〟、〝内助の功〟となっている。

 惜しむらくは4日目の水面悪化がたたり、夫・立間が予選落ちしたこと。夫婦対決は夢と消えたが、寺田が夫の分まで背負って激走するはずだ。

関連タグ: