【徳山ボートGI中国地区選】村上純が抽選前に広次修のスキンヘッドでお祈り 果たしてその“ご利益”は…

2021年02月11日 19時56分

エンジン抽選する白井英治(左)の横で広次修(右)の頭に手を当てて祈る村上純

 ボートレース徳山のGI「第64回中国地区選手権」が12日に開幕する。それに先立ち、前検日の11日はエンジン抽選、スタート特訓などが行われたが、その中で面白いショットが撮影できた。
 村上純(46=岡山)がエンジン抽選前にスキンヘッドの広次修(37=山口)の頭に手を置いてお祈り。エース機ゲットをもくろんだが、結果は2連率28%と、何とも微妙な45号機が当たってしまい、当人同士の間には気まずい空気が流れていた。

 ただ、この45号機は数字よりは動きが良く、あながちハズレともいえない。村上はスタート特訓終了後は入念なペラ調整を行っていたが、徳山は通算4Vと実績がある得意水面。“ご利益”は自らの力も加えてモノにするつもりだ。

(11日=ボートレース徳山)

関連タグ: