【大村ボート・GⅠ九州地区選】地区選連覇の桑原悠が超抜機ゲット

2021年02月07日 23時20分

桑原悠

 ボートレース大村のGⅠ「第67回九州地区選手権」が8日、開幕する。春の陽気を感じさせる暖かさとなった前検日(7日)にはエンジン抽選が行われ、当地のダブル超抜機の26号機を桑原悠(33=長崎)、58号機を村上遼(28=長崎)がゲット。前検タイムでも1位・桑原、2位・村上と上位を独占するなど地元コンビへの期待は大きく膨らむ。特に桑原は第65回(芦屋)、第66回(からつ)に続いて「九州地区選手権」3連覇の偉業がかかっており、3号艇で登場する初日メイン12R・発祥地ドリームは目が離せない。

 その初日ドリーム戦では地元の原田幸哉(45=長崎)が絶好枠に選出された。前検でも「スタートのしやすさやターンのしやすさがあった」とまずまずの感触で白星発進を決めたいところ。他では原田と同期の瓜生正義(44=福岡)も特訓で目立っており「このまま行ってもいいかな」と手応え十分だ。上野真之介(32=佐賀)は伸び劣勢で、早急な上積みは必須だ。

 予選スタート組では三井所尊春(41=佐賀)、宮地元輝(34=佐賀)、仲谷颯仁(26=福岡)の伸びが軽快で、益田啓司(41=福岡)は出足が力強い印象。行き足が鋭かった大久保信一郎(40=佐賀)も要チェックだ。

【関連記事】