【とこなめボート ボートレース レディースVSルーキーズバトル】浜田亜理沙が優勝戦1号艇「あとはスタート」

2021年02月07日 20時58分

優勝戦1号艇をつかんだ浜田亜理沙

 ボートレースとこなめの「ボートレース レディースVSルーキーズバトル」は7日、5日目が行われ、11、12Rで男女別の準優勝戦が行われた。男女とも1号艇が敗れる波乱となったが、1着となった吉川貴仁(27=三重)と浜田亜理沙(32=埼玉)のうち、予選得点率上位の浜田が優勝戦1号艇となった。

 今節はここまでオール3連対と、レディースが有利に運んでいる団体戦のポイント状況(紅組24―白組16)にも大きく貢献している。機力面でも「4日目から伸びて行く感じがあるのでレースしやすい。全体にパワーがあって、準優はターン回りも良かった。女子の中でも1、2を争う足だと思う。あとはスタート」とエース・47号機の力をフルに引き出している。

 とこなめは2009年9月4日にコンマ01のスタートを決め、初勝利を挙げた思い出の水面。2013年9月の桐生GⅢ女子リーグ戦以来、遠ざかっている久々Vを決めたいところだ。

【関連記事】