【芦屋ボート】好調・高憧四季が強力機ゲット「また優出できるように頑張ります!」

2021年02月05日 19時20分

6号機に手応え十分の高憧四季
6号機に手応え十分の高憧四季

 ボートレース芦屋の「KBCラジオ杯」が6日、開幕する。前検日の5日はエンジン抽選、スタート特訓が行われた。

 SG3Vを誇る田村隆信(42=徳島)を筆頭に、昨年の賞金女王・平高奈菜(33=香川)、目下8節連続優出中で直近2節連続Vと絶好調の興津藍(39=徳島)らが主力を形成。初日12RのドリームレースはGⅠ四国地区選のような豪華メンバーだ。

 中でも平高が上位機の一角42号を獲得し、まずまずの手応え。予選組では室田泰史(50=福井)、小西英輝(42=福井)、出畑孝典(42=福岡)、大田直弥(34=山口)、木下大将(35=福岡)、蒲原健太(27=佐賀)、入海馨(24=岡山)が良機を手にし好ムードだ。

 そんな中、今節注目したいのが、直近の2月びわこヴィーナスSでデビュー初優出(5着)した高憧四季(21=大阪)だ。
 
 目下の好調ぶりを抽選でも発揮。昨年11月の混合戦で西橋奈未(24=福井)がデビュー初Vした強力6号機を獲得した。「西橋さんが優勝したエンジンですよね。縁起がいいですね。芦屋は2回目ですが、悪いイメージはないです。また優出できるように頑張ります!」とキュートな笑顔で意気込む。

 スタート特訓後は「いい感じでした。回った後の押しが良さそう。回り過ぎて乗り心地が良くなかったのでペラをやります」と手応え十分な様子で、ペラ調整に励んだ。今節も活躍に期待だ。

関連タグ:
 

ピックアップ