【大村ボート・ゴルゴ13杯】GP覇者の峰竜太が無傷4連勝!

2021年01月04日 22時29分

無傷4連勝の峰竜太
無傷4連勝の峰竜太

 ボートレース大村の新春シリーズ「ゴルゴ13杯」は4日、予選2日目の熱戦を繰り広げた。

 この日のメインレースにあたる第12R「カステラドリーム戦」は昨年末のグランプリ覇者・峰竜太(佐賀=35)がインコースから逃げ切り快勝。前半戦8Rでも4コースからまくり圧勝しており、初日から無傷の4連勝と快進撃を見せている。

 もちろん12Rはインコースの利が大きかったのは間違いないが、あっさりと退けたライバルは下條雄太郎や石橋道友、山口裕二といった地元長崎支部の〝一線級〟で、いずれもエンジン力も上々だったメンバーだ。それがまるで歯が立たなかったように、まさに〝敵なし〟の状態と言える。

 レース後の峰は「プロペラの回転を止める調整をしたら伸びなかったので、逆の回す調整に変えたら、スタート展示から伸びていた。足はいいですね」と早くも仕上がりは完調目前のようだ。

 あとは大外枠6号艇が来た時にどう克服するか、だが、3日目も8R4号艇に、12R1号艇の2走と、緑カポックはなし。もはや6連勝は決まったも同然かも…。

【関連記事】

ピックアップ