ボートレース桐生が照明をLED化

2014年04月05日 14時00分

 ボートレース桐生が業界初の試みだ! かねてナイターレース照明のLED化を推進していた同レース場は、現在開催中の「ドラキリュウカップ」初日(3日)から対岸照明鉄塔の投光機約300基をLED照明に更新。5月末までにすべての投光機をLED化する予定だ。

 夜間でもハレーション、グレアーが少なく、目に優しい光線であるのが特徴。消費電力も極端に抑制でき、約40年の耐久性を誇るという。