【住之江ボート・オールレディース】寺田千恵 舟足ひと息も巻き返しに自信「いいイメージしかない」

2020年12月09日 23時15分

寺田千恵

 ボートレース住之江のGⅢ「2020MBレディスカップ(オールレディース競走)」は9日、寒さを吹き飛ばす熱き女のバトルが幕を開けた。

 ダブルドリーム第1弾の初日12R「レディスドリーム」は5号艇の塩崎桐加(ひさか・三重=28)が5コースからコンマ14のトップスタートを決めて一気のまくり。内艇を一掃して会心の勝利を飾った。

 10日(2日目)の12Rにはダブルドリーム第2弾「ダイヤモンドドリーム」が組まれており、1号艇には寺田千恵(岡山=51)が座る。初日は3、11Rの6、3号艇の2回走りを4、4着と不満の残る結果となった。気になる舟足は「調整を合わせ切れていなかったけど、それにしても足自体もあまり良くないね。回ってからの押しがない。加藤(綾・三重=37)さんの方が出てたね」とひと息の状態。

 ただ「住之江は大好きなんですよ。調整がうまく合うし、いいイメージしかない。明日(10日)は時間があるので本体整備をします。それで良くなればいいけど、いや、良くなってくれると思ってやる」とこのままでは終われないとばかりに「やるよ!」と気合を入れた。