【びわこボート】「安心してレースできる」優勝戦進出の浜野谷 渾身差しでSG4冠の威厳示すか

2020年11月25日 18時28分

浜野谷憲吾

 ボートレースびわこのGⅢ「キリンカップ2020」は25日のシリーズ5日目、準優3個レースが争われ、26日最終日の第12Rで行われる優勝戦に進出するベスト6が決定した。

 準優戦はいずれも1号艇が逃げ切り、シリーズリーダーの仲谷颯仁(福岡=26)がファイナル絶好枠を獲得。来春、地元・福岡で開催されるSGクラシック出場に近づく、今年5度目の優勝に王手を懸けた。

 優勝戦進出メンバーは以下の通り。

 1号艇 仲谷 颯仁 (福岡=26)
 2号艇 浜野谷憲吾 (東京=47)
 3号艇 山本 寛久 (岡山=44)
 4号艇 山崎 哲司 (愛知=41)
 5号艇 後藤 隼之 (東京=32)
 6号艇 西山 昇一 (愛知=60)

 仲谷の舟足は全てが上位級。スタート勘もつかんでおり不動の本命だが、その牙城を崩すなら、やはり東都のスター・浜野谷をおいて他にない。今節はプロペラ調整と取り付け(チルト角度)に試行錯誤を続けていたが、準優戦でようやく正解が見えたようだ。

「やっぱり自分のペラはこれ。ペラを自分の形にしてチルトを0度にしたら、このエンジンのパワーを引き出せそうな感じ。足は中堅だけど乗り心地がきて安心してレースができる」

 スタートから仲谷にプレッシャーをかけての渾身差しでSG4冠の威厳を示せるか、注目だ。

 ちなみに浜野谷はビール党とのこと。副賞がビールの「キリンカップ」は是が非でも欲しいタイトルだろう。