【桐生ボート】土屋智則が完勝で優勝戦1号艇ゲット!5度目の地元Vへ「出足なら僕が一番」

2020年11月22日 22時19分

土屋智則

 ボートレース桐生のGⅢ「サッポロビールカップ」は22日、シリーズ5日目を終了した。今節、最大のヤマ場となった準優勝戦3番勝負を終えて、最終日(23日)の第12Rで争われる優勝戦に進出するベスト6が次の通りに決まった。

1号艇・土屋智則(群馬=35)

2号艇・山崎智也(群馬=46)

3号艇・渡辺和将(岡山=30)

4号艇・三角哲男(東京=53)

5号艇・河合佑樹(静岡=33)

6号艇・森 竜也(三重=55)

 予選トップ通過の土屋が5日目も堂々たるレースぶりを見せた。1つ前の準優勝戦第10Rは山崎がイン逃げ。

 先輩からバトンを受け取った土屋は第11Rでインからコンマ08のトップスタートを決めると節一パワーを誇る三角を寄せ付けず、完璧なターンで快勝。優勝戦1号艇をつかみ取った。舟足は日ごとに上昇し「出足、回り足は上位。伸びも締められないくらいはある。出足なら僕が一番だと思う」と仕上がりに胸を張る。

 地元の桐生では2016年9月以来、優勝から遠ざかっているだけに、優勝戦1号艇と絶好機の今節は是が非でもV達成としたいところ。スタート勘についても「昨日(4日目)の後半(11R)も準優もバッチリ」とあって不安要素は一切なし。約4年ぶり5度目の地元Vへ、優勝戦も華麗なターンを見せる。