【戸田ボート・ヴィーナスS】通算1000勝に王手の渡辺千草「今節中には何としても達成したい」

2020年11月17日 19時25分

今節中に大台記録を決めたい渡辺千草

 ボートレース戸田の「ヴィーナスS第17戦」が18日に開幕する。前検日の17日にはエンジン抽選、スタート特訓などが行われた。

 初日メイン12R「選抜戦」に出場する選手の中では1号艇・鎌倉涼(大阪=31)が近況好調の22号機を得て気配も良好。山下友貴(静岡=34)、渡辺優美(福岡=28)もまずまずの動きを見せたが、落合直子(大阪=36)はやや劣勢気味か。また、当地ダブルエースの18号機は清埜翔子(埼玉=29)、48号機は梅内夕貴奈(東京=25)が引き当てた。

 18日から6日間の熱闘が始まるが、初日からヤマ場を迎えるのがベテラン・渡辺千草(東京=56)だ。

 前節の多摩川オールレディース3日目11Rで通算999勝目をマーク。その後は惜敗が続き、節目の勝利を飾らないまま、今節の戸田に乗り込んできた。

「あと1つね。実は坂本選手の記録(通算2000安打)と競っていて、先を越されちゃったんですよ。だから、今節中には何としても達成したいんですよ」と、勝手にライバルに設定し、励みにしていたプロ野球・巨人の坂本勇人内野手に感謝すべく、通算1000勝を決めるつもりなのだ。

 引き当てた65号機は2連対率40・9%の好素性機。「(特訓でも)下がることはないし、このプロペラでいけそう。ターンのかかりは浅いけど、起こしもついてきている」と前検の感触も悪くなかった。

 初日は5、11Rの2走。前半5Rの3号艇で決める可能性もあるが、後半11Rの1号艇は絶好機。しっかりとイン逃げを決めて、水神祭に臨みたい。