【びわこボート・ヘビー級王決定戦】好リズムの2号艇・杉山正樹が不気味な存在

2020年11月16日 20時25分

これがびわこヘビー級王のチャンピオンベルトだ

 ボートレースびわこの「東スポグループプレゼンツ ヘビー級王決定戦びわこラウンド」は17日、最終日を迎える。

 第12Rでは優勝戦が行われ、いよいよ「5代目・びわこヘビー級王」が決定する。最もチャンピオンベルトに近づいたのは予選トップ通過で準優勝戦12Rでは道中の競り合いを制して優勝戦1号艇の座をもぎ取った今井貴士(福岡=36)だ。

 上位級の機力を武器にインから逃げる今井が本命だが、不気味な存在になりそうなのが優勝戦2号艇の杉山正樹(愛知=41)。準優勝戦10Rでは2コースから差して白星を奪取し優出を決めた。好展開を突いての勝利に「一瞬の足がいいけど1Mは閉められてしまった。勝てて良かった」とレース後は安堵の表情を浮かべた。
 
 今年前半は優勝ゼロも7月以降は3Vとリズムアップ。5年ぶりのSG出場となった7月の鳴門オーシャンカップでは予選突破を果たした。2021年前期適用勝率も4期ぶりに7点台に乗せるなど勢いは止まらない。

「一番良かった4日目の感じにできれば全体に良くて上位の足になる。それなら優勝戦でもチャンスが出てくる」

今節もジワリと気配を上げて優勝戦までこぎつけた。好リズムを武器にチャンピオンベルトを奪取する。