【びわこボート・ルーキーS】連勝の上田龍星が逆転で予選トップ通過「ヤングダービーの借りを返す」

2020年10月29日 19時33分

上田龍星

 ボートレースびわこのルーキーシリーズ第20戦「スカパー!・JLC杯」は29日、4日目予選最終日を行い、準優戦に進出するベスト18が出揃った。

 し烈な予選トップ争いとなった4日目は新開航(福岡=24)が3、2着、黒野元基(愛知=24)が2、3着と着を取りこぼす一方で、上田龍星(大阪=25)は1、1着の連勝。3日目の3位から逆転トップ通過を決めた。舟足も「足は日に日に良くなっている。出足やターン回りが良くレースがしやすい。伸びは上位の人とは差はあるけど、だいぶ伸びる感じも出てきました」と良好で、笑顔も飛び出した。

 上田は今年9月当地で開催されたプレミアムGⅠ「ヤングダービー」で優勝戦1号艇を獲得しながら3着に敗戦。その悔しさを胸に秘めて参戦した今シリーズだったが、2日目の時点では「僕のエンジンはパッとしないので偉そうなことは〝まだ〟言えない」と、上位との機力差から強気にはなれなかった。

 だが、堂々の予選トップ通過を果たすと「やっとリベンジと言えるところまできましたね。ヤングダービーの借りを返すためにも、まずは準優戦をしっかり逃げて(優勝戦)1号艇を勝ち取れるように頑張ります」と気持ちも一変した。雪辱Vに向け闘志を燃やす男の激走に注目だ。