元ボートレーサー今村豊さんに周南市が感謝状「今はフリーターです」

2020年10月27日 17時17分

周南市役所を表敬訪問した今村さん。左は藤井律子市長

 8日に引退した元ボートレーサーの今村豊さん(59)が27日、山口・周南市役所を表敬訪問した。

 周南市は今村さんが所属していた山口支部の拠点となっている徳山ボートの所在地。ボートレースのファン拡充、事業収益の拡大により市の財政にも多大なる寄与をしたとして藤井律子市長から感謝状を授与された。

 今村さんは「このような感謝状をいただき、身に余る思いでいっぱいです。デビューした徳山の地で引退できて本当に幸せ者です」と頭を下げた。

「今は肩書は何もないフリーターです」と会場を沸かせるなど引退しても軽妙なトークは健在。「まだ引退して3週間でフライング休みの延長みたいな感じ。最近はイベントで忙しいけど、選手と違って管理されてないから忙しい中でも気持ちは楽ですね」と近況を明かした。

 今後については「特にやりたいことはない。気持ち的に楽な生活ができたら…。呼ばれたらいつでも、お手伝いにいきたい」と話した。

 また山口支部の後輩たちに「白井英治、寺田祥は全国区だけど、ますます活躍してくれたら」とあらためてエール。また、ボートレーサー養成所の修了記念競走で養成所チャンプとなった期待の山口支部ルーキー・清水愛海(20)が11月2日に徳山ボートでデビューする。今村さんは「清水は私と入れ替わり。今村豊の生まれ変わりでやってくれると思います」と大きな期待をかけていた。