【とこなめボート・ヴィーナスS】遠藤エミ「上位クラスの足がある」と豪語

2020年10月25日 18時46分

遠藤エミ

 ボートレースとこなめの「ヴィーナスシリーズ第15戦 とこなめシンデレラカップ」は25日、予選2日目を終了した。今節は2日に分けてドリーム戦を行ったが、2日目の第2弾「2ndドリーム」は1号艇・守屋美穂(岡山=31)がイン逃げを決めて、今節初白星を挙げた。とはいえ、まさに〝辛勝〟、ギリギリの逃げだった。

 というのも、そのDR戦は勝負どころの1周1Mで、遠藤エミ(滋賀=32)の全速ターンがかなり肉薄して、守屋を脅かしたから。レース後の遠藤は「変わらず全部の足がいいですね。一番気に入っているのは一瞬の足だけど、他の足も良くて、バランスが取れて上位クラスの足がある」と豪語していた。

 V戦線をリードしていくはずの2つのドリーム戦メンバーでは初日「1stドリーム」を制した平山智加(香川=35)と、この遠藤の〝出来栄え〟が頭一つ抜けている様子。現時点で遠藤がポイント争いのトップなら、平山は第3位の位置。今シリーズはこの両者の一騎打ちになるかも…。