【鳴門ボート・オールレディース】寺田千恵が逆襲2連勝 ワースト機立て直した!

2020年10月05日 17時44分

舟足を一気に改善させた寺田千恵

 ボートレース鳴門のGⅢオールレディース「第36回渦の女王決定戦」は5日、予選2日目の熱戦を展開した。この日の注目カード「ドリーム戦」第2弾は寺田千恵(岡山=51)が2コースからイン松本晶恵(群馬=33)を差し切り快勝!

 寺田はこの日連勝として初日の4、3着からきっちりと巻き返した。レース後は「鳴門特有の内伸びもあったけど、出足も良くなっている」と、ワースト機の立て直しにも成功したようで、反撃態勢は整ったといえそうだ。

 一方、初日2連勝で飛び出した津田裕絵(山口=34)は前半戦2Rも勝って星を伸ばしたが、後半9Rは不利な5号艇だったこともあり3着止まり。連勝は「3」でストップした。それでもここまで4戦3勝3着1回の好成績で得点率争いの首位をキープしている。「試運転は普通だけど、本番レースでの足がいい」だけに、このままの勢いで予選をリードしたいところだ。

 また、昨年5月デビューでキャリア1年半、18歳の生田波美音(はみね、東京)が2日目を2、1着と好走。シリーズを盛り上げている。この分でいけば、今年2月の尼崎ヴィーナスS以来となる自身2度目の予選突破も夢ではなさそうだ。